» モーターショーのブログ記事

今日ご紹介する記事は、東京モーターショーに「ニッサン コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ」というコンセプトカーが日産ブースで登場するというもの。

このコンセプトカー、人気ゲームシリーズ「グランツーリスモ」のために日産がデザインしたことで知られていますが、それがコンセプトカーとしてモーターショーで見られるということであれば、期待も高まろうというもの。

ボディカラーもレッドで確定ということで、どのくらいの完成度で見ることができるか、楽しみです。

先日もお伝えしたように、日産は今年、10月28日から開催される(一般公開は30日から)第44回東京モーターショーに数多くのコンセプトカーを展示する予定だ。
その中でも最も魅力的なのは、あるいは少なくとも最も鮮やかなのは、おそらく「ニッサン コンセプト2020ビジョン グランツーリスモ」だろう。

人気ゲームシリーズ『グランツーリスモ』ために日産がデザインしたコンセプトなら、もう見たと思う人もいるかもしれない。
その通り。
実は昨年の夏、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード 2014の前に発表されているのだ。
しかし暗いグレーで邪悪にも見えたあのクルマが、今回は「Fire Knight(日本語に訳すと「炎の騎士」)」と呼ばれる鮮やかなレッドのカラーを纏って登場するという。
上のギャラリーを見ていただければ分かるが、素晴らしくカッコいい。

我々は真っ赤なスーパーカーのコンセプトをじっくりと見て、次世代の「GT-R」がどのくらいこれに近いものになるか、思いを馳せるとしよう。

三連休の前半2日間は山形県酒田市のモーターショーに出展していました。
酒田市と言えば古くはおしん、最近では?映画おくりびとの舞台になった場所です。
その酒田市の中町商店街が町おこし的にモーターショーを商店街で開催することになったのは3年前。その企画担当が友人であることから参加要請があり今年で第4回目となりました。
このモーターショーは福島で立ち上げたアンダーステアーズというチームがありまして、ココに集まって飲もうという別の企画も含まれており秋田・山形・福島から友人が集まってきます。

片道700キロの行程ですが三連休で何時間かかるのか?
前夜祭の時間は決まっているのでなんとか間に合わせねば!!
問題は寝相の悪さで首を悪くしてしまい持病の頸椎椎間板ヘルニアが再発!
こんな時に限ってフルバケが悪化を誘います。
痛みをこらえながら8時間30分走行して到着(休憩は30分の食事とガソリン補給のみ)

昼食は酒田ラーメンの券が付いていて好きなお店で食べられます。
今回は先日BSで放送された川柳でワンタンチャーシューメンをいただきました。

モーターショーは15時まで!速攻で帰らないといけないのです。
次週はセントラルサーキットでチャオイタリアのレース参戦。そうなんです連休最終日は整備をしないといけないのです。
またまた700キロを走破し帰宅。風呂に入ってビールを飲んだら2時でした!!

来週は兵庫県!セントラルでガンバッてきま~す