今日ご紹介する記事は、東京モーターショーに「ニッサン コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ」というコンセプトカーが日産ブースで登場するというもの。

このコンセプトカー、人気ゲームシリーズ「グランツーリスモ」のために日産がデザインしたことで知られていますが、それがコンセプトカーとしてモーターショーで見られるということであれば、期待も高まろうというもの。

ボディカラーもレッドで確定ということで、どのくらいの完成度で見ることができるか、楽しみです。

先日もお伝えしたように、日産は今年、10月28日から開催される(一般公開は30日から)第44回東京モーターショーに数多くのコンセプトカーを展示する予定だ。
その中でも最も魅力的なのは、あるいは少なくとも最も鮮やかなのは、おそらく「ニッサン コンセプト2020ビジョン グランツーリスモ」だろう。

人気ゲームシリーズ『グランツーリスモ』ために日産がデザインしたコンセプトなら、もう見たと思う人もいるかもしれない。
その通り。
実は昨年の夏、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード 2014の前に発表されているのだ。
しかし暗いグレーで邪悪にも見えたあのクルマが、今回は「Fire Knight(日本語に訳すと「炎の騎士」)」と呼ばれる鮮やかなレッドのカラーを纏って登場するという。
上のギャラリーを見ていただければ分かるが、素晴らしくカッコいい。

我々は真っ赤なスーパーカーのコンセプトをじっくりと見て、次世代の「GT-R」がどのくらいこれに近いものになるか、思いを馳せるとしよう。